ロボアドバイザー

【ロボアドバイザーのウェルスナビは損失がでる?】メリット・デメリットを解説 運用実績も報告

更新日:

ウェルスナビで資産運用している40代のパパです。

ウェルスナビはロボアドバイザーというAIが全自動でETFに投資をしてくれる画期的な仕組みで、

・投資に時間をかけたくない

・少額から資産運用したい(ウェルスナビは10万円から投資可能)

・自分で投資先を選ぶのが難しい

という方にはおすすめのサービスです。

ウェルスナビの公式サイトはこちら

ウェルスナビのメリット

「ウェルスナビは自動で運用してくれるらしいけど大丈夫なの?!」

と思われている方もおられるでしょう。

まずはメリットから解説します

実績のあるロボアドバイザーが運用

ウェルスナビのロボアドバイザーは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づくアルゴリズムを利用して、全自動で資産運用してくれます。

預かり資産・運用者数も1位。

運用だけでなく税金も安くなるDeTAX機能もあり、年間0.4~0.6%の税負担を軽減してくれます。

国際分散投資ができる

ウェルスナビは、ロボアドバイザー(AI)が自動でETFに分散投資をしてくれます。

ケイ
ETFとは日経平均株価やTOPIXなど「特定の指標」への連動をめざすように運用される上場投資信託です。

投資信託との違いは、投資信託とは投資家から集めたお金を運用のプロが株式や債券、REITなどに投資・運用し、その運用成果が投資家に還元される仕組みの金融商品のことです。

ざっくりいうと、投資信託は非上場企業で、ETFは上場している企業という違いがあります。

表にしてみましょう。

ウェルスナビはETF(上場投資信託)を通じ 、約50か国1万1000銘柄に自動的に投資してくれます。

主に下記の6種類のETFに分散投資します。

  • 米国株(VTI)
  • 日欧株(VEA)
  • 新興国株(VWO)
  • 米国債権(AGG)
  • 金(GLD)
  • 不動産(IYR)

リスク許容度というものがあり、リスクを高くとるの場合(5/5)は、約80%が株式に投資します。

反対に、リスクを取りたくない場合(1/5)は、債券の構成比率が高くなります。

手数料が1%

ウェルスナビは手数料1%です。

たとえば100万円資産運用していたとすれば、年間1万円の手数料がかかります。

ケイ
10万円だと年間1000円程度です。

また、50万円以上投資される方は、「長期割」といって、半年ごとに0.01%ずつ手数料が下がり、最大で1%が0.9%まで下がります。

200万円なら半年ごとに0.02%安くなります。

手数料が1%は高い?!

なかには手数料1%は高いと感じる方もおられるかもしれませんが、手数料を加味してもプラスになっている人はいます。

ケイ
100万円投資すると1万円の手数料ですが、1日に換算すると約27円

ご自身でETFを吟味してリバランス(投資先を変えること)できるなら、ご自身で証券会社で購入してもいいかもしれません。

ただ、ウェルスナビは自動的に利益が出やすいよう最適化してくれるので、手間や効率を考えれば1%は高くない金額です。

ケイ
自動的にリバランスしてくれるだけでなく税金も安くなるように最適化してくれるんだ。

やってみるとわかるのですがただでさえ忙しいのに、どのETFに投資しようか情報収集するだけでも大変です。

任せるところは任せて自由時間を確保したほうが賢明だと思います。

ケイ
時間も資産と考えます。

ウェルスナビはリバランスを半年に1回してくれる

ウェルスナビは原則として半年に1回リバランスが行われます。

リバランスするケース

・半年に1回

・ご自身のポートフォリオと最適ポートフォリオの配分比率を資産クラスごとに比較し、5%以上乖離している資産クラスがあった場合は前倒してリバランス

・50万円未満は前倒しなし

・ポートフォリオと最適ポートフォリオとの乖離が小さい場合はリバランスされない

・自動積立てだと最適なポートフォリオを保ちやすい

やはり自動で最適にしてくれるのは1%の手数料を払ってでも価値はあると判断しています。

ウェルスナビの実績口コミ

含み益がでている・成功している人は実際におられます。

ツイッターで「ウェルスナビ」と検索すれば結構な数のプラス報告が見受けられます。

必ず波はありますから、長期で運用するのが秘訣かもしれませんね。

ウェルスナビのデメリット

ウェルスナビにもデメリットはあります。

NISAの利用ができない

NISAとは、年間の配当金や利益に対して「非課税になる制度」のことで、ウェルスナビはNISAを利用しての投資はできません。

多くのロボアドバイザーはいまのところNISAに対応していないようですね。

元本割れをして損失を出すこともある

ウェルスナビに限らずですが、投資したからといって必ず資産が増えるわけではありません。

元手よりも少なくなるリスクはあります。

なので、大切なのは余裕のある資金で運用すること。

資金がなければ無理に始めることはありません。

ウェルスナビで損した口コミ

「ウェルスナビで損益を出した人もいるんじゃないの?」

気になると思います。

正直なところ、損をする方もおられます。

ケイ
上がるかもしれないが下がる可能性ももちろんあります。

まず、ウェルスナビは10年~20年と長期で運用したい方が買うべき金融商品だと考えます。

短期的にみると含み損を抱える時期は高い確率でやってきます。

含み損を極力抱えたくないのはわかりますが、これは投資をする以上は、どこかの局面で直面するリスクは常にありますし、必ず避けることは難しいです。

ただし、「投資期間が長くなればなるほど、損失を被る可能性は小さくなる」という金融庁のデータがあります。

100万円が5年後に→72万円~173万円

100万円が20年後に→185万円~321万円

これはコツコツ投資を長期的に実践することによって、年率の平均リターンはプラス方向に安定する可能性が高いとえます。

私の見解 いまからウェルスナビはやっておくべき?

いま米国株が10年間長期上昇しており、いまもなお強い上昇を続けています。

ということは私の見解ですが、

下落する期待値が高いと思っていて、いまからウェルスナビに投資される方は「含み損を抱える」ことも考えておくべきです。

なので、10年20年持つ考えで、最低金額の10万円から余裕ある資金で始めることをおすすめします。

ケイ
できるだけ堅い運用をしたいなら、リスク許容度を1に下げましょう。

10万円の余裕資金がない方は見送ることも検討してもいいと思います。

ケイ
実は1万円から始める方法もあり後述します。

ウェルスナビのCEO柴山和久氏も長期運用の重要性を解説しています。

柴山和久氏はご結婚されているのですが、リタイアした時点で自分の両親と妻の両親の金融資産の差に10倍もの差がありました。

どちらの両親もごく普通の家庭で育ったのにも関わらず、10倍もの差がでたのは長期的な資産運用できたからだと言います。

ケイ
詳しくはYOUTUBE動画の3:00あたりから解説しています。

まとめると、

ウェルスナビは含み損を抱える時期もあるかもしれませんが、10年20年と長期的な資産運用するなら安心して利用できるサービスだと言えます。

ケイ
私も投資しています。

ウェルスナビの詳細はこちら

柴山CEOのウェルスナビ運用実績

モデルケースとしてウェルスナビは柴山CEOの運用実績を公開しています。

投資額の累計436万円が、522万円以上(+19.68%)に成長しています。

1年あたりにすると+6.7%。

長期で運用する重要性がわかりますね。

私のウェルスナビの運用実績

2019/7/9から元手10万円で開始した私のウェルスナビの資産評価を偽りなくそのまま記載します

7/26現在 円建てで+290

ウェルスナビの登録の流れ

メールアドレスを送る

メールアドレスの送られてきた認証コード入力し、パスワードを決めます。

つぎは電話番号、職業、出金時の振込先口座を入力します。

本人確認書類をアップロードします。

ウェルスナビを利用する際の約款に目を通します。

口座開設のお知らせを配達してくれる日を選択します。

これでウェルスナビの申し込みが完了!

口座解説した書類が届いた!

〇〇後にウェルスナビの口座開設の書類が届きました。このはがきを受け取ればログイン可能となり、運用できるようになります。

運用プランを決める

まずは、運用プランを決めます。

どれだけ自分がリスクを許容できるか診断してくれます。

リスクの許容度には1~5まで段階があり、5が一番リスクがあります。

先ほども書きましたが、

リスクを高くとるの場合(5/5)は、約80%が株式に投資します。

反対に、リスクを取りたくない場合(1/5)は、債券の構成比率が高くなります。

このリスク許容度はその都度変更できますので安心してください。

とりあえず設定しましょう。

運用プランが決まれば入金する

運用プランが決まれば、あとはウェルスナビにお金を入金すれば運用開始です。

ネット銀行の中では、住信SBIネット銀行がクイック入金に対応しています。

ケイ
金融機関のATM・店頭からの振り込みもできますよ!

自動積み立ても設定できる

自動積み立ては設定した銀行の口座から自動的に引き落とされます。

出金はいつでも可能

出金はいつでも可能で出金依頼してから約5営業日後に反映されます。

1万円から始めるには「ウェルスナビ for ネオモバ」ではじめる

ウェルスナビは最低でも10万円の資金が必要ですが、1万円から始める方法があります。

それは「ウェルスナビforネオモバ」を利用することです。

「ウェルスナビforネオモバ」を利用するには、ネオモバに登録してから申し込む流れになります。

ケイ
ネオモバはTポイントで株式投資できる画期的なサービスです。

「ウェルスナビforネオモバ」を通すだけで1万円から投資ができるのです。

実はウェルスナビforネオモバ以外にも提携している会社がたくさんあります。

ウェルスナビ for ネオモバ
ウェルスナビ for SBI証券
ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行
ウェルスナビ for ANA
ウェルスナビ for ソニー銀行
ウェルスナビ for イオン銀行
ウェルスナビ for 横浜銀行
ウェルスナビ for JAL

ケイ
大手企業と提携しているんですね

ちなみにSBI証券だと最低でも100万円必要でした。

それが1万円からはじめられるのは、「ウェルスナビforネオモバ」だけです。

利用するには、SBIネオモバイル証券のネオモバの登録が必須で、口座開設後にクレジットカードを登録するだけです。

SBIネオモバイル証券「ネオモバ」の無料口座開設はこちら

ケイ
本当に便利な時代になりましたね!

まとめ

ウェルスナビはAIが自動で分散投資してくれるので、

「投資したいけど何を買えばいいかわからない」

「プロに任せたい」

という方におすすめです。

ケイ
まずは余剰資金で運用するのがベストです。

私も資金を投入していますが、順調に資産が増えています。

あなたと私の資産が増えますように☆

キャンペーン中のウェルスナビはこちら

-ロボアドバイザー

Copyright© Kの資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved.