格安sim

格安simとは?メリット・デメリットとおすすめの格安simを比較して解説します

投稿日:

こんにちは パパちです。

大手キャリアから格安simに乗り換えてほんとに得するの?と思われている方もいると思います。

今回は格安simのメリット・デメリット、人気格安sim業者の特徴を解説していきます。

格安simとは?

まず格安simとは何か?ですが、

格安SIMとはICチップのことで、このチップをスマホに差し込むとインターネットや電話ができるようになります。

大手キャリアのショップで機種変更するときに、社員の方が白い手袋をして慎重にスマホから取り出しているのを見たことはないでしょうか。

このようなものです。

これは電話番号など識別するための情報がすりこまれているカードです。

本来はSIMカードというのですが、安く提供できるSIMのことを格安SIMと呼んでいます。

SIMカードには、固有の番号が付されていて、これと電話番号を結びつけることにより、通信を可能にします。

要するにこのSIMカードがあれば、カードを差し込むだけで電話番号などそのままの情報で利用できるということです。

格安simのメリット

格安simに乗り換えるメリットは

・毎月の通信料が安くなる

これにつきます。

格安simに変えるだけで毎月5000円以上は安くなるケースが多いです。

毎月5000円稼ごうと思うと大変ですが、格安simに変えるだけで手元に5000円残ります。

年間で約6万円もの節約になります。

格安simはなぜ安いの?

なぜ格安simがここまで安くできるかですが、格安sim業者が大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)にレンタル料を払って、回線を借りてサービスを提供しているからです。

いままではドコモ,au,ソフトバンクが独占しており、寡占状態だったんですね。

パパち
ライトユーザ向けのプランがほとんどありませんでした。

そこで総務省が「通信費が高すぎる」ということで、大手キャリアが電波をモバイル市場に参加したい企業に貸すという形にして、安価なサービスが実現したのです。

一方、格安simのデメリットは

・通信速度が大手キャリアに比べると遅い

・キャリアメールが使えない

とあります。

格安simは、レンタルしている回線に限りがあるため、利用するユーザーが増えるとどうしても回線が込み合います。

とくにお昼の12時台、夕方18時台は、ネットを使う人が多いため、かなり重くなります。

なので仕事でよくスマホを使う人は、大手キャリアの方がよいといえます。

また、大手キャリアから格安simに乗り換えると、

これまで使っていたキャリアメールが使えなくなってしまいます。

*「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」

なので、格安simに乗り換える前にGmailやヤフーメールなど、フリーメールを取っておきましょう。

それでは格安sim業者の特徴を解説します。

人気の格安sim業者

人気の格安sim業者には

Yモバイル
UQモバイル
楽天モバイル
OCNモバイルONE
マイネオ
ビッグローブ
IIJmio
LINEモバイル

などがあります。

Yモバイルのメリット・デメリット

まずは、Yモバイルのメリット・デメリットを解説します。

メリットは

・キャリア並みの通信速度

・全国に実店舗がある

・全プラン通話10分かけ放題

デメリットは

・余ったデータの繰り越しができない
(データを使い切ると低速に)

・大容量プランがない
(最大で14~17GB)

UQモバイルのメリット・デメリット

つぎはUQモバイル。

メリットは

・通信速度が圧倒的に速い

・余ったデータを翌月に繰り越しできる

・通信の節約モードがある

デメリットは

・料金プランが少ない

・データのシェアができない

楽天モバイルのメリット・デメリット

つぎは楽天モバイル。

メリットは

・独自の回線になったので速度の安定に期待できる

・月額2980円で通信・通話が使い放題のプランがある
(通話時はアプリを使う必要がある)

・楽天ポイントが貯まる

デメリットは

・月額2980円で通信・通話が使い放題のプランは楽天回線のエリアに限られる
(対象外の地域でも、毎月5GBは保証)

・通信・通話が使い放題のプラン「UN-LIMIT」に対応しているiPhoneが少ない

・音声機能がないデータ通信専用のsimがなくなった

OCNモバイルONEのメリット・デメリット

つぎはOCNモバイルONE。

メリットは

・料金プランが豊富でしかも安い

・格安simとスマホがセットの格安スマホが安い

デメリットは

・ドコモの回線しか選べない

・実店舗が少ない

マイネオのメリット・デメリット

つぎはマイネオ。

メリットは

・他のユーザーとデータ通信量をシェアできる

・毎月1GBのデータ通信量をタダでもらえるサービスがある

デメリットは

・auプランは3日で6GB使うと速度制限がかかる

・ソフトバンク回線のプランが割高

ビッグローブのメリット・デメリット

つぎはビッグローブ。

メリットは

・YouTubeやAbemaTVなどの動画・音楽ストリーミング配信サービスが使い放題のプランがある。
(エンタメフリー・オプション)

・全国83,000ヶ所で使える「BIGLOBE Wi-Fi」がある

デメリットは

・高速通信と低速通信の切り替えができない

・エンタメフリー・オプションの画質が悪い

IIJmioのメリット・デメリット

つぎはIIJmio

メリットは

・最大10枚のSIMカードで容量をシェアできる
(ファミリーシェアプラン)

・家族間の通話料が安くなる

デメリットは

・ファミリーシェアプランを組む回線は全て同一名義の必要がある

・低速通信でも使いすぎると利用制限がかかる

LINEモバイルのメリット・デメリット

さいごにLINEモバイル

メリットは

・LINEの年齢認証とID検索ができる

・データを翌月末まで繰り越すことができる

・LINEモバイル同士だとデータをプレゼントできる

デメリットは

・解約時に手数料がかかる
(現時点で1000円程度 税別)

・高速と低速の切り替えができない

どの格安simが自分にとって本当に魅力的なのか、じっくりと比較しましょう。

通信速度で選ぶなら「ワイモバイル」「UQモバイル」

とくに格安simに乗り換えて気になるのが通信速度ですよね。

通信速度で選ぶなら

UQモバイル
ワイモバイル

がおすすめです。

理由は

UQモバイルはauの、ワイモバイルはソフトバンクの関連会社だからです。

パパち
サブキャリア、準キャリアなどと呼ばれることもあります。

昼や夕方の混雑時もかなりスムーズにインターネットができます。

公式には発表されていませんが、やはり、連携をとって運営していることが安定した速度に繋がっていると言えます。

以前、1日に5回、速度測定をしたことがあるのですが、正直他の格安simと比べ物にならないくらい速い通信速度でした。

ちなみに他の格安simどうしの速度に関しては、それほど差はありませんでした。

特に昼の12時台・夕方の6時台はほとんどの格安simはかなり重くなるので、wifiを上手く使いましょう。

料金の安さはひとそれぞれ

また、料金の安さに関しては、

・通話をよくするのか
・ネットをよく使うかなど

個人によってそれぞれ異なるので一概に言えません。

ただ、どの格安simに変えても、通信費は安くなるケースがほとんどなので、好みで選んでよいでしょう。

料金プランやサービスは定期的に変わりますので、公式サイトで確認お願いします。

今後もおすすめの格安simを検証しますのでまたきてくださいね。

以上となります。

-格安sim

Copyright© パパちのらくがき@筋トレ・家計・お金のブログ , 2020 All Rights Reserved.