SaaS関連株銘柄 株式投資

【チームスピリットの株価を分析】配当利回り・PER・PBR・配当性向・事業の将来性で投資判断

投稿日:

チームスピリット(4937)は、勤怠管理・工数管理・経費精算などを一括で管理できるクラウド上のシステムサービスの「TeamSpirit」が主力商品です。

このページではチームスピリットの配当利回り・PER・PBR・配当性向・自己資本比率・事業の将来性など分析していきたいと思います。

ケイ
これから投資しようか迷っている方の参考になれば幸いです。あくまでも投資は自己責任でお願いします。

チームスピリットの過去2年の株価の推移

チームスピリットの株価の推移です。

1630円をウロチョロ。

チームスピリットの配当利回り・配当性向・PER・PBR・ROE・ROA・自己資本比率

配当利回り:ーーー

配当性向:ーーー

PER:123.15

PBR:26.75

ROE:17.6%

ROA:5.1%

自己資本比率:48.1%

競合他社と比較

*横にスクロールできます。

配当利回り 配当性向 PER PBR ROE ROA 自己資本比率
4937
チームスピリット
--- --- 123.15 26.75 17.6% 5.1% 48.1%
3923
ラクス
0.25% 約19.6% 107.11 27.46 24.5% 16.6% 74.8%
4776
サイボウズ
0.77% 約53.6% 87.43 17.46 19.8% 8.9% 44.1%
3994
マネーフォワード
0% 約0% 0.00 8.41 -22.6% -9.4% 60.7%

時価総額と今期のPSR

チームスピリット:時価総額413億円 PSR約21.7倍

ラクス:時価総額1139億円 PSR約13倍

サイボウズ:時価総額620億円 PSR約4.7倍

マネーフォワード:時価総額849億円 PSR約11.6倍

チームスピリットの売上高・営業利益・経常利益・純利益の推移


業績から稼ぐ力(営業利益率)を見ていきます。

*営業利益率=営業利益÷売上高×100

一般的には7%、10%あれば優良企業と判断できます。

16.8 約-25.4%

17.8 約-13.2%

18.8 約5.6%

19.8 約13.2%

20.8予 約15.5%

チームスピリットの財務・キャッシュフロー2019

チームスピリットの財務状況

総資産:20億0400万円

自己資本:9億6300万円

自己資本比率:48.1%

資本金:763億円

利益余剰金:-5億5200万円

有利子負債:1億1000万円

チームスピリットのキャッシュフロー

キャッシュフロー計算書は、企業のお金の流れがわかる財務表で、いま健全に経営ができているか判断できます。

・営業キャッシュフロー:2億9200万円

・投資キャッシュフロー:-3700万円

・財務キャッシュフロー:4億6400万円

・現金等:14億8600万円

・フリーキャッシュフロー:2億9200万円-3700万円=2億5500万円

チームスピリットの第3四半期の事業別業績

チームスピリットの事業は主に「TeamSpirit」の

・ライセンス売上(利用料と捉えてOK)

・プロフェッショナルサービス(導入を支援する付加的なサービス)

の売り上げが占めています。

「TeamSpirit」とは、勤怠管理・工数管理・経費精算などを一括で管理できるクラウド上のシステムサービスです。

ケイ
社員の方が毎日使わなければならないシステムを1つにまとめたサービス。働き方改革の実現ですね。

売上と利益を見てみましょう。第3四半期は前年度に比べて、

売上+46.6%

売上総利益+48.45

営業利益+103.7%

経常利益+105.9%

大幅にUPしています。

チームスピリットはbtob サブスクリプションビジネスで、月額課金で利益を得ています。

ソフトウェアを所有せず、常に進化するところがポイントで、いかに継続して利用してもらうかが大切になってきます。

約1200社が導入

現在1174社が導入しており、リカーリングアベニュー(解約の申し出がない限り毎年継続される売上)も84.7%と高い数字をたたき出しています。(今後はどうなるかわからないが)

契約ライセンスが500人を超える企業が増えていることがグラフから読み取れます。

今後は海外進出し100億円企業を目指す

今後は、「5年後に売上100億円、契約ライセンス数100万」を目指しています。

まとめ

業績は順調ですが、個人的には他社が参入できないような独自のサービスなのかが気になっています。

毎月課金してくれると利益は出ますが、他に優れたサービスが出ると、容易に解約するケースも考えられます。

参考になれば幸いです。

あなたと私の資産が増えますように☆

ケイ
*あくまでも個人の意見であり、購入を促すものではありません。

株を買うなら楽天証券

楽天証券は売買手数料が業界でも最安値候補で、かなり見やすい管理画面なので株取引するならおすすめです。

ケイ
私は2008年から愛用しています。

SBI証券口座でも取引しましたが、個人的には楽天証券のほうが使いやすいですね。

楽天証券は「マーケットスピード」といって、PER・PBRから企業の決算などあらゆる株取引に必要な「会社四季報」がすぐに閲覧でき、初心者さんからアクティブトレーダーさんにも支持されています。

楽天証券の口座開設はこちら

1株から買うなら「ネオモバ」

SBI証券のネオモバは1株から買えて、しかもTポイントでも株を購入できるのがメリット。

手数料もひと月50万円までの売買なら実質月額手数料16円と安く、コツコツと資産を積み上げていくのにもってこいのサービスです。

単元株で買う資産がないときは、私はネオモバで株を買っています。

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら

関連記事

【SBIネオモバイル証券で株式投資してます】Tポイントで投資ができる!口コミも評判良く手数料も安い

キャッシュレス社会も急速に進んでおり、Tポイントが結構貯まっている人も多いのではないでしょうか。 「ネオモバ」とはTポイントで株式投資ができるサービスで、1株から購入できるのが最大の特徴です。 通常、 ...

-SaaS関連株銘柄, 株式投資

Copyright© Kの資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved.