株式投資

【ウェルネットの株価を分析】利回り・PER・PBR・配当性向から投資を判断

投稿日:

ウェルネットは決済代行の大手で、コンビニ窓口での電子決済や高速バス、航空チケットの決済などのサービスを提供している企業です。

このページではウェルネットの配当利回り・PER・PBR・配当性向・自己資本比率・事業の将来性など分析していきたいと思います。

ウェルネットの株価推移

ウェルネットの株価の推移です。

760円をウロチョロ。

ウェルネットの利回り・PER・PBR・配当性向

利回り:5.6%

PER:43.99

PBR:2.32

配当性向:246.3%

自己資本比率:32.7%

株価が下がり利回りが結果的に高くなっています。

結果PERも高く配当性向も100%を超えて高い。

配当性向とは配当金をどのくらい支払っているかをパーセンテージで表したもので計算式は、以下のようになります。

配当性向(%)=1株当たりの配当額÷1株当たりの当期純利益×100

100%を超えるということは、利益が出ていないにもかかわらず、配当金を出している状態です。

配当金は今1株当たり50円ですが、さがるのではないかと予想しています。

ウェルネットの財務状況

最終年度には経常利益50億円を目標とした成長戦略を実行しているとのことですが、ちょっとしんどいかなと思っています。

ウェルネットのキャッシュフロー2019

キャッシュフロー計算書は、企業のお金の流れがわかる財務表で、いま住友商事が健全に経営ができているか判断できます。

・営業キャッシュフロー

・投資キャッシュフロー

・財務キャッシュフロー

と3つの指標があります。

営業キャッシュフロー -39億9300万円

営業キャッシュフローとは本業の利益です。この項目がプラスということは本業が順調だと判断できます。

マイナスだと本業が苦しいということになります。

投資キャッシュフロー 3500万円

投資キャッシュフローですが、主に固定資産の取得や売却した金額です。

固定資産が増えれば投資キャッシュフローはマイナス、固定資産が減れば投資キャッシュフローはプラスになる関係です。

固定資産を取得すると会社の資金が出ていき、投資キャッシュフローはマイナスの値となりますが、所持していた固定資産を売却すると現金が入り、投資キャッシュフローはプラスの値となります。

優良企業は積極的に投資をしていくのでマイナスになることが多い項目です。

財務キャッシュフロー ー14億5百万円

営業活動や投資活動のために資金が調達または返済された額です。

借金を返済したり自社株買いをするとマイナスになります。

反対に、借金をしたり社債などで資金調達するとプラスになります。

補足 フリーキャッシュフロー -39億5800万円

フリーキャッシュフローとは会社が自由に使えるキャッシュのことで、キャッシュフロー計算書で最も大切なキャッシュフローです。

営業キャッシュフローと投資キャッシュフローを足して計算します。

-3993+35=-39億5800万円

キャッシュは99億8300万円ありますが、黒字の見込みがなければ厳しそうですね。

まとめ

利回りが5%を超えているからといって、高利回りの株は安易に手を出さないほうがいいと身をもって教訓になりました。

ケイ
といいつつも高利回りの銘柄を探してます。

もちろん業績が改善する可能性はありますが、投資家が買うかどうかを考えれば、株価上昇の期待値は低いと判断しています。

あくまで私の考えなので参考程度にしてください。

あなたと私の資産が増えますように☆

株を買うなら楽天証券

楽天証券は売買手数料が業界でも最安値候補で、かなり見やすい管理画面なので株取引するならおすすめです。

ケイ
私は2008年から愛用しています。

SBI証券口座でも取引しましたが、個人的には楽天証券のほうが使いやすいですね。

楽天証券は「マーケットスピード」といって、PER・PBRから企業の決算などあらゆる株取引に必要な「会社四季報」がすぐに閲覧でき、初心者さんからアクティブトレーダーさんにも支持されています。

楽天証券の口座開設はこちら

1株から買うなら「ネオモバ」

SBI証券のネオモバは1株から買えて、しかもTポイントでも株を購入できるのがメリット。

手数料もひと月50万円までの売買なら実質月額手数料16円と安く、コツコツと資産を積み上げていくのにもってこいのサービスです。

単元株で買う資産がないときは、私はネオモバで株を買っています。

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら

関連記事

【SBIネオモバイル証券で株式投資してます】Tポイントで投資ができる!口コミも評判良く手数料も安い

キャッシュレス社会も急速に進んでおり、Tポイントが結構貯まっている人も多いのではないでしょうか。 「ネオモバ」とはTポイントで株式投資ができるサービスで、1株から購入できるのが最大の特徴です。 通常、 ...

-株式投資

Copyright© Kの資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved.